くら蔵のこだわり

くら蔵イメージ
トップページ > くら蔵のこだわり

くら蔵"3つ"のこだわり

変わらないことの継承・・・それは地の理としての明石・垂水漁港から揚がる新鮮な素材。さらに鍛え上げた職人技という人の理。歴史を紡いできた場との邂逅という天の理・・・この恵まれた配剤を礎に、新たな"くら蔵"として次代へ継承すべく、変えてはいけないことをも大切にします。

料理長のこだわり素材へのこだわり技へのこだわり
仕入れ日記
料理長のこだわり

くら蔵では、どの季節にも旬の食材でお応えできるように努めています。それは和食の命、魚介類の鮮度として目前の垂水漁港、すぐ近くの明石漁港で直接競り落としています。また野菜、肉類も近隣の産地を中心に、トレサビリティリティの確かな素材にこだわり、調理スタッフの目と舌で確かめ、献立に採り入れております。

旬の味覚を大切に四季折々を楽しんでいただく、またくら蔵でのお食事の時間を大切にしていただけるよう、真心を込めた職人の技と献立をお届けできるように心がけています。
日本料理の伝統を守りながら、いろいろな食材や味付けに取り組むことで、会席料理に始まり、仕出し料理、新たな創作料理にいたるまで、どなた様にも安心してご満足いただけるくら蔵ならではを、お届けいたします。

見て良し、食べて佳し。美しくおいしい料理に出会うとき、人は笑顔になれます。職人技の粋と旬の素材満載のくら蔵の料理で、季節の移ろいをじっくりご賞味ください。

くら蔵料理長  片野坂 誠
素材へのこだわり
瀬戸内の鮮魚では全国に名だたる明石・淡路の海。くら蔵では漁港買付資格(セリ人登録済:神戸市でも30社ほどしか認定されていない)をもつ自社セリ人が、垂水漁港から日々競り落とした新鮮な素材をお出しするようにしています。年間を通じて季節毎に旬の魚でお楽しみいただけます。
兵庫県は日本でも有数の畜産ブランドの宝庫です。神戸牛の原産である但馬牛に代表される黒毛和牛。くら蔵では味・等級を吟味した中で、主に国産和牛を使用しています。また地鶏としては丹波地鶏の滋味をお楽しみいただいています。

自然豊かな三田の山奥、肥沃な大地と雪解け水・澄んだ空気といった恵まれた自然条件の中で育てられた「三田米こしひかり」。当店では旧篠山町の農家が生産する一等米に限定して使用しています。県外不出の「幻の米」として知られる、超品薄なお米です。

兵庫県という広い県土には様々な大地の恵みがあります。神戸市西部のトマト、全国一の淡路玉ねぎ、丹波の黒豆、神戸六甲の小松菜、稲美町の春キャベツなど、それぞれの地域から定評のある野菜類を優先して使用しています。単なる地産地消ではなく、こだわりを持った食材の選択もくら蔵の持ち味です。
技へのこだわり

調理する包丁さばき、盛りつけの妙など、視覚から入るとも言われる和食ならではの魅力。また素材の良さを活かした味付けは隠れた職人の技。くら蔵では味付けに必要な"だし・つゆ"はすべて職人が仕込みます。繊細で奥深い日本料理の味への探求を続け、日々精進してまいります。

料理の基本

食材の良さを際立たせる技



くら蔵垂水店は垂水漁港の昼網にて漁師さんから直接買い付けた鮮魚を本日のおすすめとして提供しています。